kの備忘録

個人的な記録ですので・・・
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
機種変更のススメ(続・ケータイバカ)
 前々回の記事(ケータイバカ)を読んだ方から共通の質問があった。「それで月いくらぐらい払ってるの?月々の維持費は?」と。もちろんその場で答えたが、ここにも少し詳しく書いてみようと思う。

 結論を先に言うと、6回線で約6000円。
 2月分の利用料(3月請求分)の内訳はau2回線で4059円、ウィルコムが2060円、ソフトバンクは3回線で149円。
 3月分は、各種変更手数料などがかさみ、通話も多かったことから合計で2万円を越えたが、 4月分は再び6千円台に戻る見込み。
 使っていないauの1回線を解約するとさらに1千円減る。


 今回も詳細を記そうと思うがその前に。

 auやドコモを使っている方には機種変更を奨める。
 昨年、電話機の販売方式と料金プランが変わったので、今使っている機種が2年やそれ以上の場合は、機種変更や端末増設をしたほうが月々の基本料金を安くできることが多い。今使っている機種がUSIMカード機(電池パックの横にICカードが入っている機種)で、端末増設後もそれを使い続ける場合ならなおさら。
 おススメは「シンプル一括」や「バリュー一括」の特売狙い。従来型の販売方式ではなく、「シンプルコース」「バリューコース」に変えれば、月々840円安くなる。分割金なしで0円〜数千円のものなら変更の際の費用もさほど掛からない。
 ご検討あれ。


 それでは以下回線別に。特に自慢できるほどでもないし、他人様が読んでも無意味とは思うが。料金は今月分以降の見込みのもの。

au(1) 1999年4月契約。メイン回線、通話とウェブ用。先日の機種変更は端末代がシンプル一括で50円。プランSシンプル+誰でも割(1627円)、EZweb(315円)つき、で月2000〜3000円程度。通話が月1時間以内で、パケットをガンガン使うわけではないのでこんなものだ。(2月時点ではシンプルコースではなかったので基本料は840円高い2467円だった。)現在の使用機はW63S。

au(2) 2008年10月契約。初期費用4000円ぐらい。今は申し込めない「シンプルプランS」という、月々の基本料金1050円のプラン。使っていないので近々解約する予定。誰でも割などには入っていないので解約手数料は取られない。W62S。

au(3) 安く電話機を買うために先月イオンニューコム(ジャスコの携帯売り場)で新規契約した回線。端末代はシンプル一括で0円。プランSSシンプル+誰でも割で月980円。半年後の解約までのトータルの費用は24000円程度を見込み、キャッシュバック1万円とWAON(電子マネー)1万円分を引くと4000円程度になる計算。W63SH。

ウィルコム 2004年6月契約。現在の端末は2007年10月購入。ネット25利用。PC接続を含めて月25時間までウェブ利用が基本料金の範囲内。年間契約割引、A&B割、端末購入に伴う割引(10月まで)で月2060円。割高感が出てきたので年内に解約するかもしれない。WX320K。

ソフトバンク(1) 2007年8月契約。対ソフトバンク通話専用。スパボ一括で端末代含め、当時初期費用が15000円ぐらい掛かったが、今は同等のものがもっと安く売っている。1280円の月月割が10月まで。自網S!ベ、ホワイトプランで月8円。820Pで利用。

ソフトバンク(2) 諸事情で2008年5月契約。端末代がスパボ一括で当時22800円で、他の初期費用が5000円程度。商品券のバックを株主優待券で1万円。月月割が2200円あるのでauのコピープランであるオレンジ(WX)Sプラン+新・自分割で利用。最大62分の通話ができて月178円。
| 日記・雑感 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0)
半年周期
 人生というか物事には半年の周期があるのではと、かねてから考えている。
 手帳に自分の行動を記していて、ふと半年前を見返すと、同じようなことが起こっていることがしばしばある。もちろんいつもというわけではないし、全く同じことが起きるわけでもないが。1年周期じゃなくて半年周期。1年前だと曜日が1つずれるが、半年前だと同じ曜日のことが多い。例えば体調が悪くなった日の半年前に似たような症状になっていたり、相手は違っていても会食した日だったり。個人的なことでなくても、嵐の日の半年後に吹雪いたこともあった。

 先日、都内でとある講演会と懇親会に参加したのだが、その後になんとなくパスタが食べたいと思い立ち、本当になんとなく、久しぶりに飯田橋のタベルナ(タベルナ・ラ・グロッタ)に行きたくなり、カルボナーラを食してきた。タベルナには難点もあるので、誰にでもというわけにはいかないのだが、自分にとっては、かつてその近くで働いていたときに毎日のように通った、懐かしく落ち着ける空間なのだ。(コンフォートゾーンというやつか。)

 で、昨日になって手帳を繰っていたら、半年前にも久方ぶりにタベルナを訪れていた記録があった!タベルナへ行くこと自体が半年ぶりだった。
 今回は4月4日の土曜日、前回は昨年10月4日の土曜日。おまけに今回は夜10時前後で前回は昼だったので、時間的に半日近くずれていて、天文学的にも正確な半年にかなり近い。今回は一人で、前回は二人でと状況が違い、頼んだメニューも全然違ってはいるものの、全く意図せずにこうなったのは驚くほかない。

タベルナのカルボナーラ
| 日記・雑感 | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0)
ケータイバカ
  

 3月は携帯電話が一年で最も安い月である。
 そこで特売を利用して19日、21日と、2つ携帯電話機を買った。

 現在保有している回線・現役の電話機は6つ。

(なんでこんなことになったかと端的に言うと、安く携帯電話を使おうといろいろ手を尽くした結果であります(笑)。以下細かい言い訳ですので興味のない方は読み飛ばしてください。)

※写真左からA,B,C…G

A:au re(W63S) 昨日、また越谷レイクタウンまで行って(交通費で往復約2000円・笑)格安で機種変更してきた。0円ぐらいで機種変更できれば他のでも良かったのだが、以前欲しかった機種でもあり大満足。10年使っているメイン回線。ウェブ、メール、通話用。

B:ソフトバンク 820P 昨年10月に買った電話機。買った時の回線はMNP(番号持ち運び)で(F)に化けた(うっかり半年未満で解約してしまった!しばらくSBの新規契約できないかも)。今は(D)を買ったときの回線を入れて使っている。この回線は今年10月に「月月割」がなくなるので使うのはそれまでか。対ソフトバンク通話・メール専用。

C:ウィルコム WX320K 一昨年10月購入。これまた今年で割引(というか先払いした料金の還元)が終わるので、どうするかは考えるところ。ウェブ専用。低速。

D:ソフトバンク 706P 一昨年8月に初めてスパボ一括で買ったもの。電波の掴みが悪かったり使い勝手が悪いので回線はBに入れて利用。諸事情で「月月割」の大きな回線があるのでそれを入れている。

E:au W62S 昨年10月に色々安くて買ったのだが、、これが一番存在意義が疑われる電話機・回線となってしまった(苦笑)。4月末(購入から半年)に解約するか。

F:au URBANO(W63SH) この電話機が欲しくて19日にソフトバンクからMNPで新規契約した。半年後に解約してメイン回線で使う予定で。元は昨年10月に(B)を買った時の電話番号。キャッシュバックやら何やらで実質ほぼ0円。背面液晶が常時表示。

G:(引退機)au W43T (A)に変えるまでメイン回線で約31ヶ月使った。おつかれさま&ありがとう。抜群に使いやすく、まだまだ使っていたかったのだが、新料金プラン(旧プランより月840円安い)に変える必要があったこと(新しい機種を買わないとプラン変更できない変な制度)と、利用できる電波が旧800MHzだけであったことから、やむなく機種変更することにした。SIMカード機ではないので使い回しができない。

<3月28日追記> reは微妙な機種ですな。動作が遅い。また背面液晶の部分の隙間にゴミが入って取りにくい。
| 日記・雑感 | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0)
すごい人(テレビ視聴メモ)
去年、 ほとんどテレビを見ない生活をしていたが、最近実家に帰って見る機会が増えた。

で昨晩(2月3日の夜)、NHKの「プロフェッショナル」を視聴。
林業家の方を紹介していたわけだけれども、すごい人だと思った。
たぶんあの方は横綱(…だよね)。

あと、その前には何気なく家族につられて見ていた「さんま御殿」で、ふかわりょうさんが、いきなり哲学的なことを言い出して、感心しつつも笑った。彼は大関あたりなのか?
検索したらブログで書いてる方がいらっしゃったのでひとつリンク
| 日記・雑感 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0)
株主優待生活
株主優待券 そういえば昨年12月に権利を取ったグローバルダイニングの株主優待券が来ていたわい、と系列のラ・ボエムで食事。ちょっと低調なときは、うまいパスタと活きのいい接客は助かる。

 思えば結構株主優待を使っている。今日(昨日)も往復の電車は優待乗車券利用。帰りに寄った西友では5%引き(西友の優待は5月までで廃止される)。一週間前は期限切れ目前の優待券を使いスタバで一杯(スタバのコーヒーは好きではないが、売買の利益分で保持している株がある)。本や雑誌を買うときは文教堂で5%引き。3月末にはゼンショーの権利(3000円分)を取ったので、じきに すき家へ行くことになろう。

 ただ、株主優待を主目的に株を買うのはおすすめしない。あくまで株は価格等を見て買うべき。株主優待を得ても、株価の下落を食らってしまっては本末転倒になりかねない。(上記の鉄道の権利などは空売りを組み合わせることによって株価の変動の影響を排除した上で取っている。)
 企業が株主優待を新設するのも反対。配当と違って持分に応じた公平性に問題が生じるから。すでにあるものは廃止の影響を考えるとそのままのほうがいいと思うが。
| 日記・雑感 | 00:24 | comments(1) | trackbacks(0)
塵世苦海
 3月に入りましたがまだまだ寒いですね。
 私は最近、かつてないほど落ち込んでしまっています。3年前でもここまでひどくはありませんでした。ただ、人生が10年周期だとすると10年前、20年前と共通しているようにも思えます。どうしようもない敗戦の後という感じ。いや過去においては敗れる前に戦えてないのですが。30年前は記憶にありませんが確か肺炎で入院したはず(笑)。
 ま、いずれにしても自ら招いた結果なんですけどね。

 そんな傷心状態の中、書店で手に取った『菜根譚』の一節。(後集121、訳文は講談社学術文庫版より抜粋)。う〜ん・・・、なんというか、ここまで言い切ってしまうと爽やかですらあります。
世人(せじん)は、栄利に纏縛(てんばく)せられて、動(やや)もすれば塵世苦海(じんせくかい)なりと曰(い)う。知らず、雲白く山青く、川行き石立ち、花迎え鳥咲(とりわら)い、谷答え樵謳(きこりうた)うことを。世も亦(また)塵(じん)ならず、海も亦苦ならざるに、彼自(かれみず)から其の心を塵苦(じんく)にするのみ。

〔訳文〕 世間の人々は、名誉や利益を求める心に束縛されて、ともするとこの世をけがれた世の中であるとか苦労の多い世界であるとか言いがちである。そのような人達は、雲は白く山は青く映え、川には清らかな水が流れ、岩はそそり立ち、野に花は咲き迎え、鳥は歌いかけ、谷にはこだまが聞こえ、きこりはのどかに歌うという、すばらしい自然の姿があるのを知らない。
 この世自体は別にけがれてはいなく、また苦労の多い世界でもないのに、世間の人々は自分からその心をけがれや苦しみの世界としているのである。


近所の渓谷・夕刻撮影

| 日記・雑感 | 01:56 | comments(0) | trackbacks(0)
11月9日(金)裁判所初体験
霞ヶ関駅から裁判所へ

 先日、扶桑レクセルの株式買取請求に係り、会社側から東京地裁に価格決定の申し立てがあり、審問に呼び出されたので行ってきました。
 事前の準備をほとんどせず、おまけに前の晩に熱を出してフラフラ状態で行ったため(風邪を引く奴が悪い)、ロクな発言ができませんでしたが、内容はともかく初めて行った裁判所の感想を少し。

裁判所へ向かう人々 東京高裁と東京地裁が入っている建物はさすがに少し威圧感がありますね。内部も天井が高くてちょっとびびりました(笑)。無駄に金使ってんなーとも一瞬思いましたが、三権のひとつですから、そのほうがいいのでしょう。門を入ったところでは、危険物などとともに「写真機」の持込禁止が掲げてありました。なのでデジカメやケータイが没収されたわけではありませんが、中では撮りませんでした。よくテレビでは裁判所に入ってゆく人とか、「勝訴!」などと書いた紙を掲げて出てくる人の映像があって、いずれも裁判所の前ですが、あれは裁判所の内部が撮影できないからなんですね(開廷前の法廷の映像は許可があってのものなのでしょう)。

裁判所の銘板 買取請求をしているのは4人で、会社側からは代理人の弁護士2人が参加し、裁判官1人と裁判所の書記官?1人がついて合計8人で審問が行われました。やったことは、小さな会議室のような部屋でテーブルに着き、各自意見を述べつつ話し合いをしたというところでしょうか。裁判所と言うと、硬い表情の裁判官が高いところに座っている法廷のイメージが湧きますが、全然違いました。担当の方は裁判官というよりデキるビジネスマンという感じ。この人、相当切れるんだろうな、という印象で、ちょっとあこがれました(笑)。ええとですねえ、ここだけの話、たとえば某aさんが弁護士でなくて裁判官でも全く問題なさそうだというところでしょうか(もとあと言えば同じ法律家ですものね)。一緒に参加した方によると民事と刑事では違うんだとのことです。
 会社側の弁護士の方は、「ご迷惑をおかけして・・・」と妙に低姿勢だったのですが、「代理人としては、これこれしかじかのようにしたい。」という言い回しが多く、どうやら和解に持ち込みたいらしいことは分かったのですが、いったい会社がどう考えてるのか分からない面が多くありました。会社の考えがまとまってないのか、言質を与えじとの弁護士さんの戦略なのか、両方か。いずれにしても侮れませんな。
 こちら側はこういう事件に慣れてる?方2人が理論的にも引っ張ってくれているので、私は最後尾でそれに便乗させていただいてるようなものです。ま、そんなんじゃいけないんですけど。
 審問は最後に次回の日程を決めて、時間的には40分ぐらいで終わりました。経験者?によると5分ぐらいで終わってしまうことも多いとの事、じっくり話を聞いていただいたようです。
 終わってからは4人で地階の食堂(学食みたいw値段も。)でお昼を食べながら今後のことを話し合ったりしました。

 なんだか取り留めなくなってしまいましたが、普段の生活には無い貴重な経験が出来ているんだと思います。この先どうなるか、いまいち読めないので、新しい体験のワクワク感より、変な憂鬱さが勝っているのですが(笑)。

参考:
株式会社大京による扶桑レクセル株式会社の完全子会社化(株式交換)に関するお知らせ(PDF205kB)
Yahoo!掲示板 - 6386(扶桑レクセル)
| 日記・雑感 | 20:24 | comments(0) | trackbacks(0)
26日(日)講演会、オフ会、TVウィーン・フィル
日付け変わったので昨日になりますが、
株式投資を通じて知り合ったavexfreakさんの講演会に行ってきました。
初講演だそうですけど、なかなかやるなあと思いましたね。
ずっとavexfreakさんのブログ『資金管理の掟』を読んでいる立場からすると、復習+αという感じで、いろいろと再認識できました。
(ちなみに『資金管理の掟』は初級〜中級(上級はわからん)まで、株式投資をする幅広い層に参考になると思います。)
また一方で、自分との違いもはっきり認識しました。avexさんは殆ど順張りなのに対し私は逆張り大好き、avexさんがかなり理知的というか理性的なトレードをするのに私は感覚的(私はどうも世間一般の感覚とちょっとずれてるみたいで、ある意味気違いw)。
いままでもなんとなくやってきたわけですが、これからも感覚を鋭く、同時に理性的・論理的な思考も強化して行きたいと思います。
(追記:avexさんと私を対比するのは無理がありますね。。。)

講演会の後はreit_fightさんもブログに書かれているとおりオフ会で楽しいひとときを過ごしました。
ブログ『reit_fightの株式指南』もおすすめ。あと友人のブログもうひとつあるんだけどまたの機会に。)
力のある人には力のある奥さんが付くもんですね。
(書くの疲れてきたw)

うちに帰ってしばらくテレビを見ていて、あるとき家族がチャンネルを変えたら、
ちょうどNHK教育でウィーン・フィルのコンサート。
11月11日にサントリーホールに来ていたなんて知らなかった。
アーノンクール指揮、曲目はモーツァルトの交響曲第40番&第41番のコンボ。豪華すぎ。
(追記:その前に39番もやってたらしい。)
自分は元は40番好きだったはずなんだけど41番のほうがダイナミックで断然良かった。
芸術はイイです。関係ないけど今思えば過去2年ちょっとは暗黒の期間だった。
(コンサートといえばT君からのおさそいの件は結局どうなんだろう)

コンボといえば先週金曜にサンライズ・テクノロジーがいっぺんにIR出してきたんだった。
この土日に書くべきだったかもしれないけど、手に負えないw
興味ある方は"sr-t"で検索してHPへどうぞ。
でもくれぐれもマネーゲームは見て楽しむだけにしておきましょうw

あーもー書きなぐりですみません。
こりゃまた前場睡眠投資法だなw
| 日記・雑感 | 02:41 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
のだめカンタービレ(1)
のだめカンタービレ(1) (JUGEMレビュー »)
二ノ宮 知子
笑えます
(追記)ドラマはこれまたすばらしいですね。
RECOMMEND