kの備忘録

個人的な記録ですので・・・
<< 株主優待生活 | main | 株券本券(紙の券面)での出庫期限せまる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
『男も知っておきたい骨盤の話』と「導引術」
男も知っておきたい骨盤の話 (幻冬舎新書)
いやあ、おもしろい!この本。
面白くて一気に読んでしまった。
骨盤が周辺の筋肉(「インナーマッスル」)によって開閉していること、
その周期が女性は月経と連動していること、
そしてじつは男性もひと月周期で開閉していること、
骨盤の開閉がうまく行ってないと心身に異常を来たすこと、
等々が読みやすいすっきりした文章で書かれている。

著者の寺門琢己氏は「骨盤体操」なるものでベストセラーもあり、主婦向けのTV番組にも出演していて女性にはそこそこ有名らしい。著者の名前でamazonやmixiのレビューを検索すると女性向けの本が多く出てくる。その中でもこの本はほかに比べて骨盤開閉論の根拠などがしっかり載っているほうらしい。

このところ、恋人や夫婦で女性と一緒にいる男性は、女性の生理の影響を大きく受けて体調が変化するのではないかと考えていたが、それ以前に男性自体にも体の変化に周期があることに驚いた。おそらく、恋人・夫婦は一緒にいるうちに二人の周期が一致するのだろう。

本の内容に話を戻すと、肩甲骨も骨盤に似た構造をしており、同様に開閉しているらしい。骨盤と肩甲骨が似ているというのは、まあ、人類の祖先が四足であったことを考えれば当然でしょうな。
そして本書には骨盤や肩甲骨を支える「インナーマッスル」を鍛える体操が紹介されている。

で、載っている体操法を試しているうちに、昔やっていた健康法を思い出した。
中学2年の頃、肺炎で2回入院してボロボロになった体を驚異的に回復させた「導引術」という、呼吸を組み合わせた体操。それの「基本行(きほんぎょう)」の一部がまさに骨盤と肩甲骨周りを調整するのに最適な体操だった!
一時期熱心にやっていた導引術は個人的な事情でやめていたのだが、効果のほどが分かった今、ここはなんとか再開しよう。
ちなみに導引術を教えているのは、日本道観。(ただし、私がここで習ったのは20年近く前であり、現在ここがどうなっているかは知りません。また、私が習ったのは「導引術」だけです。)
| その他 | 06:53 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 06:53 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://benkeiso.jugem.jp/trackback/169
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
のだめカンタービレ(1)
のだめカンタービレ(1) (JUGEMレビュー »)
二ノ宮 知子
笑えます
(追記)ドラマはこれまたすばらしいですね。
RECOMMEND